前へ
次へ

簡素化される日本の葬儀・告別式に関して

ある調査機関が出している数字によると、一度のお葬式にかかる平均の金額は220万円のようです。
高いと言わざるを得ない金額ですが、それとは対照的に葬儀・告別式の簡素化が進んでいるようです。
家族葬や直葬プランが人気を集めていて、なるべくお金がかからないように執り行われています。
僧侶へのお布施や周忌法要にもたくさんのお金が必要ですし、出費をなるべく抑えたいのが本音ではないでしょうか。
家族葬であれば50万円を切る金額で済むケースもありますし、事前に色々とリサーチをしておくことが大切です。
全国各地では、終活セミナーが開催されています。
エンディングノートの書き方はもちろんですが、葬儀社の見学会にも出向くことが出来ます。
棺や祭壇をゆっくりと見ることが出来ますし、毎回大勢の参加者で賑わいを見せています。
自分の葬儀を自分でプロデュースすることも可能ですし、昔と比べると格段に良い方向に行っているのではないでしょうか。

Page Top