前へ
次へ

家族葬なら格安の料金で葬式を行うことができます

一般葬が主流だった昔は葬式に100万円以上の料金がかかるケースも当たり前でしたが、最近希望者が増えて

more

簡素化される日本の葬儀・告別式に関して

ある調査機関が出している数字によると、一度のお葬式にかかる平均の金額は220万円のようです。

more

葬儀業者の評判をリサーチするには口コミ情報サイト

人生においてそう何回も経験することがない葬式でありますが、葬式を挙げることになった際には一般的には葬

more

死者を弔う儀式を葬式と言います

亡くなられた方を敬い、そして丁寧にあの世に成仏して下さいと言う意味を込めての儀式を葬式と言います。
その儀式を専門に行う人と言うのが仏の道の専門家としてのお寺の住職と言う事になります。
人は死んだ後は仏になると伝われており、その仏の道案内的存在の人がお寺の住職と言う事になります。
つまりは僧、お坊さんと言う事になり、仏の教えを説いてくれる人と言う事になります。
そのお坊さんが亡くなられた方を丁寧にこの世からあの世へと死者を弔ってくれると言う儀式が葬式です。
死者を目の前にして読経を行います。
つまりはお経を読むと言う事になります。
これは亡くなられた方に対しての迷わず成仏してくださいと言う死者へのメッセージであると考えれば分かりやすいです。
そして死者に対しては基本的には、黒と白の衣装を身に付けての喪に服すと言う意味で葬式の姿と言う事になります。
そして死者の周囲には、多くの飾り物で覆います。
つまりは死者にとっての花道と言う事になる訳です。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren11set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top