前へ
次へ

社会の変化による葬儀葬式の変化

葬儀、葬式は故人を弔い、最後の別れをする宗教的な儀式です。
国、宗教は違っても行われる大切な儀式です。
日本においては昔から仏教が多いため、仏式のスタイルで行われていました。
昔から行われている葬儀、葬式は自宅に祭壇を作り、お坊さんを呼んで葬式、告別式を行いました。
多くの人は故人の自宅を訪れ、弔問、焼香をしたりして故人との別れ行ったのですが、近年は自宅が一戸建てからマンションに変わったことで葬式、葬儀が専門の葬儀場で行われるようになりました。
都市部の多くはマンションですが、その住宅事情は都市部から地方の中核都市へと波及し、地方でも葬儀場で行われるようになりました。
葬儀、葬式は遺族だけで行えないので昔は近所の人達がいろんなお手伝いをしていました。
しかし、一戸建てでも近所の付き合いの希薄化、核家族化、マンションと一戸建て住宅の共存がうまくできないことから、一戸建て住宅でも葬儀会館で行うようになってきました。

Page Top