前へ
次へ

初めての喪主になるとき気を付けること

人生の中で、喪主になる機会は多くは有りません。
初めて、喪主になるとき分からないことだらけになります。
お葬式の進行も、お寺の宗派や地方の風習によって違いが有ります。
そんなときに頼りになるのは、葬儀社になります。
お通夜からお葬式までの段取りを、全て葬儀社の教えてもらい、分からないことや疑問点等も質問をすると丁寧に教えてくれます。
また、お寺の宗派を伝えれば、宗派に添った形で儀式の段取りを整えてくれますし、地元の葬儀社ですとその地方の風習にも詳しいです。
どのタイミングで誰に挨拶をしてもらうのか、葬儀社から頂いた進行表に名前を記入するだけで、司会の方が進行を行ってくれます。
喪主の挨拶も、挨拶の例文をくれますので、葬儀の忙しいなか挨拶文を考えなくてすみます。
お葬式の参列者に対しても、的確な誘導をしてくれますので、全てを葬儀社にお任せすることが出来ます。
初めての喪主として、失敗をしない為にも、葬儀社を信じて信頼関係を築く事が大切です。

Page Top